美容師の” 美 “と、お客様の” 美 “。 vol.1

      2017/03/13

髪の毛を綺麗にしたい!

これは美容師であればどんな方でも強く思っているだろうし、お客様は自分の髪の毛を綺麗にしたくて、美容室に来ます。

この ” 綺麗 “ という言葉。

果たして、 ” 髪の毛を綺麗にする “ とは言っても、いったいどのような状態のことを言うのでしょうか?そして、どのようなことが求められているのでしょうか?

今日はそんなお話をしたいと思います。

 

お客様も、美容師も” 美 “を求める

前提として、髪の毛を綺麗にしたくない美容師さんは存在しません。もし仮にいらっしゃるとしたら大問題(クリエイションのコンセプト等で、ヘアーを汚れた感じに見せるといった場合は除きますが、、、。)ですよね。何故ならば、美容師には ” 美 “ という字が冠してあるからです。

 

では、この” 美 ” 一体なんですかね?

 

美容室は、言わずものがな髪の毛を綺麗にする場所です。しかし、この ” 髪の毛を綺麗にする ” という行為。人それぞれに違うということを、美容師になって14,5年のぼくが強く感じます。

お客様はもちろん、美容師サイドもです。

なのでわかりやすく、お客様サイドの求める” 美 “と、美容師サイドの求める” 美 “のお話を展開してゆきます。

 

 

お客様が求める ” 美 “

お客様が美容室に求めることは、

  • 髪の毛自体を綺麗にしたい。
  • 髪型を綺麗にしたい。

概ねこの二つに当てはまるかと思います。

上の、 ” 髪の毛自体を綺麗にしたい。 ” とは、質の領域。つまり髪質ですね。ぼくのブログでも以前述べましたが、「サラサラ、艶、触りたくなる、、、etc.といった状態の綺麗な髪の毛にしたい。」ということです。その手段は様々で、艶の出るカラー剤の使用、艶っぽく見える髪色の選択、サラサラの質感に仕上げるトリートメント、髪質ごと変えてしまうドライヤーを使用するなどなど。テクノロジーの進化も目覚ましく、髪のダメージに対する取り組み方もかなりレベルアップしてきています。

下の、 ” 髪型を綺麗にしたい。 “とは、感覚の領域。視覚的な美しさ。髪型のオーダーですね。「こうゆうヘアスタイルになりたい。」美容室にいらっしゃる方ならば、誰しもが考えることだと思います。視覚的美しさとは、人間の脳が美しいと本質的に捉えるものでもあり、様々なデザイン、理論を研究しフォルムを形成することが要求されます。また、素材(顔の形、頭の大きさや、頭毛の状態等)を考慮したシルエットバランスを考慮しながら、似合わせる感覚や経験も必要とされます。当たり前ですが、髪型を綺麗に創ることは非常に難しいです。

 

さらには、

  • 頭皮を清潔に綺麗にしたい。
  • リラックスして心を綺麗にしたい。

のようなものも当然求めますよね。最近は特にこの領域を求めるお客様が増えてきているように感じます。

頭皮の乾燥や、匂いを改善したい。ヘッドスパで癒されて、リフレッシュしたい、、、etc.現代を生き抜く皆様には当然のことであると思います。これは癒しの領域です。

 

美容師が求める  ” 美 “

では、美容師が求めることは、

  • 髪型を綺麗にしたい。
  • 髪の毛自体を綺麗にしたい。

概ねこの二つに当てはまるかと思います。はい、お客様と一緒です。しかしお気付きの方もいらっしゃるかとは思いますが、順番が違います。

これは割合の問題なので、すべての美容師に当てはまるわけではありませんし、時代背景によってニーズやファッションも変わります。しかしながらヘアスタイル(髪型)ありき、そしてコンデション(髪質)といった順番で考える美容師さんが多いと感じます。繰り返しますが、あくまでも割合です。

何故かというと、美容師になろうと考える初期段階の動機として、綺麗なヘアスタイルを創りたいの人が、髪の毛を綺麗にしたいと考える人よりも多いからです。後者を望む方は、もしかしたら美容師は目指さず、研究者等を目指しているかもしれません。美容師=ヘアスタイルを創る人、というイメージが美容師を目指す段階では強いと思います。

美容師になり、お客様と多くのコミュニケーションを重ねるにつれ、お客様が自分の髪の毛に対して抱えているコンプレックスを肌で感じるようになります。ここで生まれるものが、” 悩みを解決してあげたい! “ という強い気持ちです。

しかし、ヘアスタイルに非常に強いこだわりを持っている職人気質の美容師さんは、こういったコミュニケーションを経ても、” 悩みを解決してあげたい! ” と感じるよりも、” 自分の作品(ヘアスタイル)をより綺麗に見せるために髪を綺麗にしたい! “ と思います。

どちらが、正しいなんてことはありません。しかし、お客様と相性は悲しいかな存在します。

 

現実に存在する不安定な” 美 “

人それぞれと言ってしまえば、それまでなのですが、それでもこの仕事をしてきて感じるものがあります。

” 髪の毛を綺麗にしたい。”

改めて言いますが、この思いは具体的には差異があるにせよ、お客様にも美容師に共通して大きくあります。

しかし現実には、「美容室に行って髪が傷んだ、、、。」や、「思い通りのスタイルにならなかった、、、。」等の声を聞くこともあります。美容室に行って髪が汚くなる事実があるのです。

前述した髪の毛を綺麗にしたい。という思いが双方にあるにも関わらず、です。

何故なのか?

 

少し長くなりすぎてしまったので、今回はこのくらいにしておきます。次回に続きます。

 

 - 美容師について, 髪の毛の真実
見た目が綺麗なヘアースタイルをカットするために必要なこと vol.2

美容師の今村です。ヘアースタイルとデザインとは切っても切れない関係が存在します。デザインとはただのカタチではなく「何かの意図」が込められたカタチです。ヘアースタイルには「綺麗」という意図を込めたデザインが絶対的に求められていると意識しながら …

シャンプーは何故、人にしてもらうと気持ちいいのか? vol.2

前回の記事では、人にしてもらうシャンプーは、 “人に触れられると、脳内から分泌される “オキシトシン”と呼ばれるホルモンが、幸福感と癒しを与えるから “ と説明させていただきましたが、他にも幾 …

流行りのヘアカラーについて真面目に考える vol.2

毎年、更新される”流行りのヘアカラー”。毎年違う色が流行ったりするので、洋服との相性を楽しんだり、新しい自分のイメージが広がったりしてして楽しいですよね。ただ、そのまんま流行りのヘアカラーをあなたのヘアースタイルにか …

南青山ヘアーサロン muguet ディレクター
今村 祥平(イマムラ ショウヘイ)

来店前後の"カウンセリング"、髪の毛や頭皮に対する"お悩み、疑問ご相談"が好評です!24時間/365日、お待ちしています!

↓下のボタンからお問い合わせできます。↓

 
contact
 

関連記事

美容師とは

  美容師(びようし、英: beautician、hairdresser)は、厚生労働大臣の免許を受けてパーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくする者をいう。 以上がwikipedia様のご説明であります。 さ …

shohei imamura hair & contents へようこそ

  美容師がいろいろな事を伝えます。 はじめましての方は、はじめまして。はじめてじゃない方は、こんにちわ。東京は港区の南青山のmuguet(ミュゲ)という美容室で美容師をしております、今村祥平(いまむらしょうへい)と申します。これ …

見た目が綺麗なヘアースタイルをカットするために必要なこと vol.1

美容師の今村です。見た目が綺麗なヘアースタイル。それは、”目でそのスタイルを捉えた時に美しいと感じるか?”、”見た目にもわかる髪の綺麗さがあるか?”、この二点を備えたヘアースタイルのことを指し …

美容師とは(意識と無意識編 ~後編~)

美容師として日々働いているぼくにとっては当たり前に感じていることが、皆様にとっては新鮮かつ衝撃的であることも存在するかと思います。どんなお仕事にももしかしたら、そんな領域が少なからずあるんでしょうね!はいっ!では!これ! 髪を切るひと 髪を …

【本当に綺麗な髪づくり】髪の毛の艶について考えるvol.2

本当に綺麗な髪の毛。本当の艶。本当とは何か?そんな踏み込んだ姿勢で、すこしでもわかりやすくお伝えできれば良いなと思いながら今回も書いてゆきます。 髪の艶は女性にとってはいくつになっても永遠の憧れ。その艶を本当の意味で纏えるような手助け押した …