流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラー vol.3

      2016/01/21

同じ色でもその明るさや、濃さによって感じる雰囲気はまったく異なったものになります。ヘアカラーでは様々な色を表現することができるので、その可能性は無限大です。そしてその少しの違いがおしゃれに見えたり、かっこよく見えたり、、、。楽しい領域の知識でもあります。

 

image

 

※前エントリ→“流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラー vol.2”

 

 

色調

はい!ぼくは元気よくいきますよ!ね、なんだかかた〜い話になりそうな雰囲気がぷんぷんしているので、少し空回り気味のテンションであえて突っ走ろうかなと!ヒートアップ、大切です。

え〜、前エントリで色の三属性(色相、彩度、明度)の話までしたと思うのですが、もう少し掘り下げますよー!

色の鮮やかさを表す”彩度”と、明るさを表す”明度”を合わせて、色調といいます。ちなみにトーンスケールといい先の話でも登場した、美容師さんがヘアカラーカウンセリングの際に持ってくる武器の一つにも使われております。

でっは!なぜ彩度と明度を合わせて考えるのかというと!!!

 

 

 明度差でその色は輝くか?

想像してください(^ o ^)、、、。

彩度の高い(鮮やかな)ピンクの明度を高く(明るく)、すごく高くしてください!!!

pink_bl

はい。とっても鮮やかで明るピンクですね。とてもわかりやすい。

 

では、もう一度、想像してください(~ _~)、、、。

同じく彩度の高い(鮮やかな)ピンクの明度を低く(暗く)、すごく低くしてください!!!!!

pink_bd

ど、どうですか?すごく鮮やかなピンクでも、明るさをすごく下げてしまうと、鮮やかなピンクらしさが解りづらくなってしまいます。

 

例えるならば!!!

明るい部屋で桃を見たら、とても鮮やかなピンク色がわかるかと思いますが、なんかもう電気のついていない真っ暗な部屋でさっきと同じ桃を見ても、全然色なんてわからないですよね。てか、桃がどこにあるかさえ不安ですね。

もも

おいしそう(^ o ^)

 色調はものすごく大事

と、このように”彩度”と”明度”はとても密接な関係を持っております。はい。大丈夫です。不安にならなくて大丈夫です。ちゃんと話は本筋を辿っていて、いつの日か明らかに建設的かつ有益な情報が僕らの前に開示さされることに間違いありませんからね。大丈夫です。

髪色とは全く関係がなさそうな色調の話を何故したかといいますと、要は同じピンク(色相)でも彩度と明度が高かったり低かったりしてトーンスケールが変わると、とたんに別の色になってしまうという事です。同じピンクでも、様々なピンクがある。このように色調の数ほど色相が存在し、その一つが異なる色相環として存在しているわけでございます!!!!!!

pink_line

同じ彩度のピンクの明度実寸

 

ヘアカラーをきめるとき。同じ色(色相)でも、その時の気分や状況やファッションに合わせて、違う色調(トーンスケール)を選ぶ事によって全く違った印象を表現できます。

では、自分に最も似合うヘアカラーをさがすとき。それは色相から、色調、そして、もうひとつ。

ここからがもっとながーーーーーーーーいお話へのスタートです♡

 

 

※次回→”流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラーvol.4″

 

 - カラー, 髪の毛の真実
ぼくが髪を切るときに考えていること

さ今回からは「カット」の領域の話をしてゆこうと思うのですが、ジャンル的にちょっと硬い感じになってしまうかもしれませんね。先にお詫びしておきます。 美容師という仕事について、かれこれもう12,3年が経ってしまったのですが、髪を切れるようになっ …

【本当に綺麗な髪づくり】髪の毛の艶について考えるvol.2

本当に綺麗な髪の毛。本当の艶。本当とは何か?そんな踏み込んだ姿勢で、すこしでもわかりやすくお伝えできれば良いなと思いながら今回も書いてゆきます。 髪の艶は女性にとってはいくつになっても永遠の憧れ。その艶を本当の意味で纏えるような手助け押した …

【素髪を綺麗に】ヘアビューザーの実際の効果

ここ最近で、一般の方にもだいぶ浸透してきた感があるヘアビューザー。発売当初から、美容業界でも多くの注目を集め、現在ではメインのドライヤーとしての地位も確立されつつあると感じます。   実際にぼくもサロンワークでは、特定の場合を除い …

南青山ヘアーサロン muguet ディレクター
今村 祥平(イマムラ ショウヘイ)

来店前後の"カウンセリング"、髪の毛や頭皮に対する"お悩み、疑問ご相談"が好評です!24時間/365日、お待ちしています!

↓下のボタンからお問い合わせできます。↓

 
contact
 

関連記事

流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラー vol.2

ヘアカラーの希望色。馴染む色。馴染まない色。様々な選択肢はありますが、色の選び方に少しの知識とテクニックを用いるだけで、そのどんな色も素敵に輝きだします。 さて、それでは今回は実際に一人一人に合った色相を、色相環から選んでみましょう。 話は …

美容師が提案する、本当に綺麗な髪をつくるためにするべきホームケア

女性の永遠の憧れでもある、”綺麗な髪の毛”。 綺麗な髪づくりは美容室でのお手入れはもちろんですが、ご自宅でのお手入れも非常に重要です。あなたの髪の毛は、毎日あなたが触れるからです。美容師のぼくはあなたの髪の毛に1〜2 …

流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラーvol.4

繰り返しになりますが、美容室でヘアカラーをすることの最大の魅力は、”自分にフィットする色を探せる”ということであると思います。そのための要素として、色相、色調などのお話をしてきましたが、一番肝心なものは今回ご説明させ …

髪の毛を綺麗にするために、カット。

今回からカットと髪の毛の本質的な関係について、主観的にお伝えしたいと思います。 美容師の腕の見せ所といえば、やはり”カット”とイメージされる方も多いかと思いますが、ぼくもそう思います。研究の限界がないジャンルなので日 …

美容師の” 美 “と、お客様の” 美 “。 vol.2

綺麗になりたい。女性はもちろん、男性の方でも綺麗なヘアスタイルでありたいと思うことは当然です。そして、髪の毛も清潔でありたいと思うはずです。 その気持ちは、美容師のぼくも全く同じです。 その同じ思いの奥に、人それぞれの大事にしたい部分がある …