流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラー vol.2

      2016/01/21

ヘアカラーの希望色。馴染む色。馴染まない色。様々な選択肢はありますが、色の選び方に少しの知識とテクニックを用いるだけで、そのどんな色も素敵に輝きだします。

さて、それでは今回は実際に一人一人に合った色相を、色相環から選んでみましょう。

話はまるで荒れ狂った蒸気機関車のように脱線してしまうかもしれませんが、ご了承ください。

 

image

 

※前回のお話はこちら→“流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラー vol.1”

 

 

色の三属性

ここで、先ほどからやたらと出てくる、色相、色相環の言葉の意味についてわかりやすく説明いたします。

  • 色相・・・赤や黄色、青などと表現される色の種類のこと。
  • 彩度・・・その色の鮮やかさを表現する度合い。簡単に説明すると、彩度が高いと鮮やかな色。低いと濁った色。
  • 明度・・・その色の明るさを表現する度合い。簡単に説明すると、明度が高いと明るい色。低いと暗い色。

すみません。色相、色相環の説明をすると言っておきながら、”彩度”、”明度”などまた余計なキーワードを盛り込んでしまいましたね。

順番にわかりやすく説明いたしますね。

 

色相

色相とは、上記のとおり色の種類。ブルー、イエロー、パープル、レッド。など様々。髪の毛を染める時に希望の色をお聞きしたり、選んだりしますが、その時の決まる色が色相。例えばピンクという希望色であれば、色相はピンクということになります。

ちなみに色相環とは赤→橙→黄→緑→青→藍→紫の七色です。まあ言うなれば虹です。「せい・とう・おう・りょく・せい・らん・し」と覚えると覚えやすいです。

??????

失礼いたしました。

色相とは赤から黄色に至るまでには橙色(オレンジ)を通過します。赤と黄色の中間色が橙色だからです。このように色相とは時計のように丸くリング状につながっています。このリングを色相環といいます。下図を見た事ある方も多いかと思います。

 

スクリーンショット 2016-01-07 20.26.53

 

出典 : 色の講義ノート

 

彩度

簡単に言えば、その色相の「わかりやすさ」ですね。髪の毛の希望色相ピンクでしたら、そのピンクがどれだけはっきりわかりやすく見えるのかを、彩度をコントロールして調整します。例えばよりはっきりピンクとわかりやすくみせたいのであれば、彩度高めのピンクピンクはほんのりで微かにわかるくらいで良いのであれば、彩度低めのピンク。ということです。

 

明度

彩度と密接な関係にあるのですが、その色相の「レベル」ですね。、、、?すみません。わかりづらいですね、、、。その色相の「明るさ」ですね。すごく簡単に説明すると、髪の毛を染める時に「どのくらいの明るさにしますか?」と聞かれたりすると思うのですが、その時の希望の髪の明るさが明度です。髪を明るくしたい時には高明度(高レベル)のカラー剤を選定し髪を暗くしたい時には低明度(低レベル)のカラー剤を選定します。よく「◯レベルまでなら明るくできる、、。」といったお客様の声を聞いたりしますが、そのことです。職種や職場や、様々なシーンで設定されている髪の毛の上限レベル。不思議ですね。日本ならでは文化かもしれませんね。いやあ不思議です。

 

ちなみに、上の三つの要素を色の三属性なんて呼んだりするんですが、そんなことは別に覚えなくても大丈夫なのです。

 

え?

 

あ、、、。

 

そうですね、まだまだ全然話が進んでおりませんね。でも、大丈夫です。楽しく読んでみれば、すごくわかりやすかったりするんでっ!

 

 

この時点でわかっていること

  • 人にはそれぞれ似合う髪色が存在し、それが決して流行りの髪色である必要は無い。
  • 自分に似合う髪色を探すには、様々な要素(センスやファッション)もあるが、より説得力のある方法論もある。
  • 髪色とは、色相、彩度、明度を選ぶところから始まる。

 

この時点でまだわかっていないこと

  • その似合う髪色をどう探すか。
  • その色相やら彩度やらが一体何なのか?
  • その他もろもろ。そもそも、よく話が飛んだり順番がごちゃごちゃしてて、このブログについてもう少し真剣に考えたほうがいいと思う。

はい。こうリストに挙げてみるととってもわかりやすくて、これからの課題が明白ですね。わくわくしますね!はて、しかしながら最後の一つはなんですかね?

 

 

※次のお話はこちら→“流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラーvol.3”

 

 - カラー, 髪の毛の真実
2017もよろしくお願いいたします!

こんにちわ。今村です。 2016も皆様のたくさんの笑顔に支えられ、無事に終えることができました。本当にどうもありがとうございました。 日頃から感謝の念は毎日毎日感じており、こんなに感謝を実感できる仕事ってやっぱり素敵だな!と改めて感じます。 …

シャンプーは何故、人にしてもらうと気持ちいいのか? vol.2

前回の記事では、人にしてもらうシャンプーは、 “人に触れられると、脳内から分泌される “オキシトシン”と呼ばれるホルモンが、幸福感と癒しを与えるから “ と説明させていただきましたが、他にも幾 …

【本当に綺麗な髪づくり】髪の毛の艶について考える vol.1

綺麗な髪の女性は、それだけで魅力的ですよね。触りたくなるような艶、風にゆれるサラサラ感。メディアではもちろんのこと、最近は街にもそのような髪をまとった女性が多くなったように感じます。美への意識やセレクトするプロダクツのレベルが年々上がってき …

南青山ヘアーサロン muguet ディレクター
今村 祥平(イマムラ ショウヘイ)

来店前後の"カウンセリング"、髪の毛や頭皮に対する"お悩み、疑問ご相談"が好評です!24時間/365日、お待ちしています!

↓下のボタンからお問い合わせできます。↓

 
contact
 

関連記事

2016

おそくなりましたが、あけましておめでとうございます。今村です。今年も皆様、どうぞよろしくお願いいたします。このshohei imamura hair & contents が今年のぼくだと思っていただければ幸いです。写真とか文とか、 …

ぼくが髪を切るときに考えていること

さ今回からは「カット」の領域の話をしてゆこうと思うのですが、ジャンル的にちょっと硬い感じになってしまうかもしれませんね。先にお詫びしておきます。 美容師という仕事について、かれこれもう12,3年が経ってしまったのですが、髪を切れるようになっ …

見た目が綺麗なヘアースタイルをカットするために必要なこと vol.2

美容師の今村です。ヘアースタイルとデザインとは切っても切れない関係が存在します。デザインとはただのカタチではなく「何かの意図」が込められたカタチです。ヘアースタイルには「綺麗」という意図を込めたデザインが絶対的に求められていると意識しながら …

流行りのヘアカラーについて真面目に考える vol.1

ヘアカラーについていろいろと書きたいことがあるので、これから何回かにわけてお伝えしてゆこうと思います。最近は自宅で行えるホームカラーの種類もレベルも上がってきているらしいのですが、サロンで行うヘアカラーの魅力の可能性は無限大で、様々な価値の …

shohei imamura hair & contents へようこそ

  美容師がいろいろな事を伝えます。 はじめましての方は、はじめまして。はじめてじゃない方は、こんにちわ。東京は港区の南青山のmuguet(ミュゲ)という美容室で美容師をしております、今村祥平(いまむらしょうへい)と申します。これ …