髪の毛を綺麗にするために、カット。

      2017/04/24

今回からカットと髪の毛の本質的な関係について、主観的にお伝えしたいと思います。

美容師の腕の見せ所といえば、やはり”カット”とイメージされる方も多いかと思いますが、ぼくもそう思います。研究の限界がないジャンルなので日々アップデートし続けなければならないと思っています。

 

image

 

 

髪を切るときに、、、

こんにちわ。muguet今村です。

美容室に行く目的として、”髪を切る”という動機が最も多いかと思いますが、では”どう切る”かを明確にお客様が決めてご来店するかは人それぞれです。

たとえば、「短くしたい!」とか「重くしたい!」「軽くしたい!」などなど”どう”切りたいかはお客様によってもちろん異なります。「伸ばしているけど、毛先だけ切りたい。」や「切りたいけど、迷っている、、」等も非常に多いケースです。

しかし、そのどのケースにも言えることがあります。当然のことなので尤もらしく言うことでもないのですが、

 

「綺麗にしたい!」

 

これが、大前提です。しかし、これに一番の神経を注ぎ込むのです。髪を”綺麗にする”ことに。

 

 

仕上がりを綺麗に。

美容室に来れば、様々なヘアースタイルに生まれ変わることができます。ボブ、ショート、ウェーブスタイル、

しかしその完成されたスタイルを構成している、一本一本の髪の毛。それらが重なり合った時に、

 

綺麗

 

でなくてはならないのです。それは見た目のシルエットバランスはもちろん、一本単位の触り心地、質感にも言えることです。ぼくが定義するこの綺麗とは

 

“ビジュアルイメージ(見た目)”

“質感(手触りなど)”

 

両方を指します。

 

 

髪を汚す手段は選択しない。

その綺麗を創り出すための技術があるかないか、が美容師の力量であると思っています。

ぼくは人を綺麗にする仕事をしています。そして十数年経ちましたが、その間に髪の毛を”汚く”してくれとオーダーされたことは一度もありませんし、したくありません。

ぼくはデザインを提供すると同時に、その”素材”も良質にして提供することに重きを置いています。髪の毛を綺麗にするためにカットしています。

正直な話をしますが、髪を”汚してしまう”カット技法は存在します。そして、その技法の方が「求めるデザイン」を構築しやすかったり、スピーディーに仕上げることができるケースも存在します。

しかし、ぼくはその方法を執りません。最初から”汚れてしまう”技法は選択せずに、デザイニングの手段を選びます。美容師の”美”の字にこだわりをもってカットをしたいからです。

 

 

デザインと質感の両立

  • デザイン領域
  • 質感領域

この両方の領域の”綺麗”を実現させるために、ぼくが日頃から心がけていることを具体的にお伝えしてゆきます。専門的な話になるべく傾きすぎないようにわかりやすく進めてゆければと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

_MG_3435okok

今村祥平のヘアースタイルは“hair”ページでcheck!!!

 

 

 

 - カット, 美容師について, 髪の毛の真実
美容師とは

  美容師(びようし、英: beautician、hairdresser)は、厚生労働大臣の免許を受けてパーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくする者をいう。 以上がwikipedia様のご説明であります。 さ …

ぼくが髪を切るときに考えていること

さ今回からは「カット」の領域の話をしてゆこうと思うのですが、ジャンル的にちょっと硬い感じになってしまうかもしれませんね。先にお詫びしておきます。 美容師という仕事について、かれこれもう12,3年が経ってしまったのですが、髪を切れるようになっ …

見た目が綺麗なヘアースタイルをカットするために必要なこと vol.1

美容師の今村です。見た目が綺麗なヘアースタイル。それは、”目でそのスタイルを捉えた時に美しいと感じるか?”、”見た目にもわかる髪の綺麗さがあるか?”、この二点を備えたヘアースタイルのことを指し …

南青山ヘアーサロン muguet ディレクター
今村 祥平(イマムラ ショウヘイ)

来店前後の"カウンセリング"、髪の毛や頭皮に対する"お悩み、疑問ご相談"が好評です!24時間/365日、お待ちしています!

↓下のボタンからお問い合わせできます。↓

 
contact
 

関連記事

【画像あり】美容師が髪の毛を切ってもらうようです

こんにちわ。muguet今村です。ご存知の方も、そうでない方も、こんばんわ。ぼくです。今日は綺麗な星空ですね!最近、何回もおんなじことを言うことがはずかしいと思うようになってきてしまいました。別にそんなにおんなじことばっかりいわなくてもいい …

【美容師についての疑問】国家資格と現実

よくお客様に「美容師は国家資格でよいですね!」とか「国家試験を受かれば髪の毛切れるようになるんですか?」というご質問を承ることがあるのですが、正直、国家試験を受け、国家資格を所得しただけでは、お客様の髪の毛を切ることはできません(物理的には …

カットを失敗しない美容師とは

さあ、今回も実に大胆なテーマになってきてしまいましたね。しかしもう後には引き返せません。 あなたの大切な髪の毛。カットする時にはもちろん、「失敗されたくない。」という思いはどなたでも強くあるかと思います。そして、それはぼくも一緒です。 &n …

【本当に綺麗な髪づくり】セットのしやすいヘアースタイル vol.1

美容室でカットしてもらうと、日々のご自宅でのスタイリングが楽になります。当然ですね!しかし、1~2か月もするとシルエットもだんだん崩れて、スタイリングも難しくなってくる、、、。健康な人であれば、1か月に毛髪は約1cm伸びるのでお手入れがカッ …

流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラー vol.2

ヘアカラーの希望色。馴染む色。馴染まない色。様々な選択肢はありますが、色の選び方に少しの知識とテクニックを用いるだけで、そのどんな色も素敵に輝きだします。 さて、それでは今回は実際に一人一人に合った色相を、色相環から選んでみましょう。 話は …