見た目が綺麗なヘアースタイルをカットするために必要なこと vol.2

      2017/05/05

美容師の今村です。ヘアースタイルとデザインとは切っても切れない関係が存在します。デザインとはただのカタチではなく「何かの意図」が込められたカタチです。ヘアースタイルには「綺麗」という意図を込めたデザインが絶対的に求められていると意識しながら日々カットしています。。では、その「綺麗」とは何か?今回はそんなお話です。

 

※前回のお話→“見た目が綺麗なヘアースタイルをつくるカットのために必要なこと vol.1”

 

 

綺麗でないシルエットのヘアースタイルとは?

綺麗なシルエットのヘアースタイルもあれば、そうでないシルエットの髪型も存在します。あくまでも感じ方は人それぞれだとは思いますが、それを言っては何も始まりませんね。特徴を挙げてゆきます。まずは「あまり綺麗じゃないなあ、、、。」と感じる髪型に共通したものから。

 

裾が不自然な状態のヘアースタイル

ヘアースタイルの裾、つまり毛先の状態が不自然なヘアースタイルです。長さが長すぎたり、短すぎたり、、、。ぱっと見で「ん?」と感じるヘアースタイルには不安定な雰囲気があります。シルエットの高さを決める裾が不自然な設定だと、ヘアースタイル自体が詰まって見えたりします。

また裾の質感も重要です。重い毛先か軽い毛先かは、似合わせや希望スタイルにより異なりますが、質感に統一感とバランス感が取れていなければ綺麗なシルエットとして成り立ちません。例えば、

  • 軽めのショートスタイルの襟足部分だけラインがぴっちり揃っているスタイル
  • 重く見えるロングスタイルの毛先が軽すぎるスタイル

などです。

襟足は、横や後ろから見た際にシルエットが綺麗に見えるかどうかを決める、非常に重要な部分です。上の例で言うと、質感の軽いショートスタイルの場合なので、襟足が揃いすぎていると不自然に見えます。

筆者の襟足を揃えて切ってみた

 

また、毛先の質感も非常に重要です。ロングスタイルの場合は特に毛先の質感が全てを決めると行っても過言ではありません。特に変にすかれすぎて、毛先がバラバラのスタイルは綺麗に見えることはほとんどありません。

長期間カットされていない毛先

 

アシンメトリー(左右非対称)になってしまったスタイル

アシンメトリー(左右非対称)のスタイルは意図的に創られたものでない限りは、綺麗に見えません。人間の頭はまん丸ではなく、分け目もセンターでない場合、また前髪の領域等の問題もあるので、どうしても左右均等のシルエットにはなりづらいことが多いです。

正面から見た時のシルエットは、ヘアースタイルにとって非常に重要です。その人の印象にも直結します。

アシンメトリーになってしまう原因は主に、骨格の形つむじの位置毛流等が挙げられます。それらをしっかりと把握してカットしなければ正面から見たシルエットが綺麗に整う確率は下がります。

わかりやすく言うと、あなたがカットされている自分を鏡で見ている時に「、、、ん?」と感じることがあるとすれば、それは正面バランスのシルエットの調整がうまく行われていない可能性が高いかもしれません。

 

ヘアースタイルの上部が大きいスタイル

耳より上の髪の毛が横に大きく膨らんで見えるスタイルも綺麗とは言えません。頭や顔が大きく見えてしまうことを好む方はいないと思うので、この形は非常によくありません。

日本人の骨格の特徴として、「ハチが張っている」ことが挙げられます。ハチとは、耳とつむじを結んだ線の真ん中付近にある骨の張り出しのことです。つまり頭の上部の大きさを司る部位です。この部分に髪の毛が多くかぶさっていることによりシルエットが横に大きく膨らんで見えてしまいます。このようなシルエットが綺麗に見えることはほとんどありません。

ハチ回りを大きく見せないようにカットすることは、美容師の多くが把握してカットしてはいますが、対処法は様々で、場合によっては逆に大きく膨らんで仕上がってしまっていることもあります。

また耳より下の髪の毛は、毛量も上部に比べ少なく、仕上がりとして軽くなりやすいので、対比として余計に上部が大きく見えてしまう場合もあります。

やばい膨らみ

 

 

綺麗なシルエットのヘアースタイルとは?

と、ネガティブサイドの段落は書くのが辛いですね。お次は綺麗なシルエットのヘアースタイルの特徴を挙げてゆきます。

言わずものがな、それはあなたが見て、純粋に「綺麗だな。」と思ったヘアースタイル全てに当てはまります。人間の脳には、バランスのとれたカタチに対してある種の共通した美的感覚を司る部分が存在し、大体の人がその対象を見つめることで、安心感が生まれます。なので、あなたが綺麗だなと感じたものは、綺麗なのです。

しかしながら、それでは不透明な結末になってしまうので、ある程度の共通したケースをお伝えします。これから紹介するものは綺麗なシルエットのヘアースタイルに共通して言える要素になります。

 

裾に統一感のあるヘアースタイル

統一感の取れたヘアースタイルはバランスよく綺麗に見えます。特に裾の質感に統一感を出すことにより、清潔感も生まれます。

裾はシルエットの高さを決めるので、シルエットの幅との関係を計り、綺麗にバランスよく見える長さが設定されることが望ましいと言えます。

そして、襟足や毛先の質感にも統一感が求められます。例えば、

  • 軽めのショートスタイルの襟足が自然に首筋に沿う長さと質感になっているスタイル
  • 重く見えるロングスタイルの毛先が軽すぎず、ある程度の重さを残してまとまっているスタイル

のようなスタイルです。

襟足の部分が綺麗に設計されたスタイルは横からも後ろから見ても美しく、また首のラインを綺麗に見せる効果があります。ショートカットの肝心要(かんじんかなめ)の部分でもあります。

首筋に沿うナチュラルな質感の襟足

 

毛先が重く存在感のあるスタイルはシルエットをくっきりと強調し、オシャレな清潔感を感じることができます。ボブやミディアムスタイルにも毛先の重さは求められることが多く、共通して綺麗なヘアースタイルとして認識されることが多いです。

統一感のある毛先の質感

 

ある程度のシンメトリー(左右対称)が取れているヘアースタイル

前述の通り、人間の頭は正面から見ると決してまん丸ではなく、また毛の流れも左右逆であるので、完全に左右対称のヘアースタイルにすることは非常に難しいです。しかし、完全にシンメトリーなヘアースタイルは逆にモード過ぎたり、わざとらしかったりもするので、見た感じがなんとなく自然にシンメトリーであることが望まれます。

また、サイドパートの髪型などはシンメトリーになることの方が不自然になるスタイルもあるので、一概にシンメトリーでなくてはいけないということではありません。

しかしナチュラルなスタイルの大半はシンメトリーの構成でカットされるので、左右のバランスがある程度均一に見えるヘアースタイルは総じて、シルエットが綺麗に見えます。

 

ダイヤモンド、三角形のヘアースタイル

正面からあなたを見た時のヘアースタイルの輪郭が、あなたのイメージを大きく左右します。輪郭が大きすぎると威圧感が生まれ、野暮ったくも見えますが、コンパクトにまとまった輪郭であれば安心感、清潔感が生まれます。

特に正面から見たときのシルエットがダイヤモンド三角形のようなヘアースタイルは、頭の上部が大きく見えることがないシルエットなので、綺麗なヘアースタイルを創るうえでの指標ともなる輪郭です。

綺麗に見えるシルエットの大半がこの形を元にされており、人間が見て安心感が感じられる形、美しいと感じる形であるのと言われています。しかし実際には、楕円形の骨格の上にこの形をクリエイトすることが難しいケースも多々存在するので、様々な素材に対するカット技法が求められます。

ダイヤモンドシルエット

 

三角形のシルエット

 

 

綺麗なシルエットのヘアースタイルにするには、、、。

では、なぜみんな美容室でカットをするのに仕上がりのシルエットは様々で、綺麗に見えたり綺麗に見えなかったりするのでしょうか?

ただ髪の毛を切るだけであったら感じることはないのかもしれませんが、しっかりとしたお金を払っても綺麗なシルエットにならないのにはちゃんとした理由があります。

美容師は皆、「髪を切る」ことはできますが、「綺麗にカットする」ことができる美容師には、「デザインすること」が求められています。

次回は「どうすれば綺麗なヘアースタイルを創れるのか?」という問いをたて、答えを展開してゆきたいと思います。

 

※続きます。→“見た目が綺麗なヘアースタイルをカットするために必要なこと vol.3”

 - カット, 髪の毛の真実
美容師の” 美 “と、お客様の” 美 “。 vol.1

髪の毛を綺麗にしたい! これは美容師であればどんな方でも強く思っているだろうし、お客様は自分の髪の毛を綺麗にしたくて、美容室に来ます。 この ” 綺麗 “ という言葉。 果たして、 ” 髪の毛を綺麗にする …

流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラー vol.2

ヘアカラーの希望色。馴染む色。馴染まない色。様々な選択肢はありますが、色の選び方に少しの知識とテクニックを用いるだけで、そのどんな色も素敵に輝きだします。 さて、それでは今回は実際に一人一人に合った色相を、色相環から選んでみましょう。 話は …

髪の毛を綺麗にするために、カット。

今回からカットと髪の毛の本質的な関係について、主観的にお伝えしたいと思います。 美容師の腕の見せ所といえば、やはり”カット”とイメージされる方も多いかと思いますが、ぼくもそう思います。研究の限界がないジャンルなので日 …

南青山ヘアーサロン muguet ディレクター
今村 祥平(イマムラ ショウヘイ)

来店前後の"カウンセリング"、髪の毛や頭皮に対する"お悩み、疑問ご相談"が好評です!24時間/365日、お待ちしています!

↓下のボタンからお問い合わせできます。↓

 
contact
 

関連記事

【素髪を綺麗に】ヘアビューザーの実際の効果

ここ最近で、一般の方にもだいぶ浸透してきた感があるヘアビューザー。発売当初から、美容業界でも多くの注目を集め、現在ではメインのドライヤーとしての地位も確立されつつあると感じます。   実際にぼくもサロンワークでは、特定の場合を除い …

流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラーvol.4

繰り返しになりますが、美容室でヘアカラーをすることの最大の魅力は、”自分にフィットする色を探せる”ということであると思います。そのための要素として、色相、色調などのお話をしてきましたが、一番肝心なものは今回ご説明させ …

流行りのヘアカラーについて真面目に考える vol.2

毎年、更新される”流行りのヘアカラー”。毎年違う色が流行ったりするので、洋服との相性を楽しんだり、新しい自分のイメージが広がったりしてして楽しいですよね。ただ、そのまんま流行りのヘアカラーをあなたのヘアースタイルにか …

シャンプーは何故、人にしてもらうと気持ちいいのか? vol.2

前回の記事では、人にしてもらうシャンプーは、 “人に触れられると、脳内から分泌される “オキシトシン”と呼ばれるホルモンが、幸福感と癒しを与えるから “ と説明させていただきましたが、他にも幾 …

流行りのヘアカラーよりも素敵なヘアカラー vol.2

ヘアカラーの希望色。馴染む色。馴染まない色。様々な選択肢はありますが、色の選び方に少しの知識とテクニックを用いるだけで、そのどんな色も素敵に輝きだします。 さて、それでは今回は実際に一人一人に合った色相を、色相環から選んでみましょう。 話は …