美容師とは(空気を読む編)

      2016/02/11

こちらをまずはご覧ください。

  • 髪を切るひと
  • 髪を染めるひと
  • パーマかけてくれるひと
  • シャンプーしてくれるひと
  • 髪の毛を綺麗ににしてくれる
  • 髪の毛のセットアップとかもしてくれる
  • たまにマッサージもしてくれる
  • なんかおしゃべりしてくる
  • いらんことまで聞いてくる
  • 何考えているかわからない
  • なんだかよくわからないけどおしゃれ?
  • チャラい

出ましたね。例の番号なしリスト。もう見飽きましたが、やると決めたらやるのです。どんなに時間がかかっても、、、!今回は上から9個目の赤いやつやります。

 

sh-ima-dt

 

※前回のお話はこちら→“美容師とは(おしゃべり編)”

 

 

いらんことまで聞いてくる

みなさまこんばんわ。鳩に囲まれる夢をみました。美容師の今村です。さて、バンバン行きましょう!こんなペースではおわりませんね。早く真面目なお話がしたいので、今回もサックサクでお届けいたします。

はい。もう反省です。え?何がって?これまでに発したぼくの発言や失言に、笑顔で接してくださったお客様には、本当に頭が上がりません。前エントリでも申し上げましたが、ぼくは少し緊張しやすい性格なのですが、その緊張が少しほぐれると、途端に図に乗ってペラペラ喋りだすことが過去を振り返ると少なからずあったように感じます。まぁそれだけなら500歩譲っていいとしても(あんまり良くない)、調子に乗っていらんことまで聞いてしまったような事案も、振り返ればおぞましい過去の遺物として確実に存在することに恐怖を禁じ得ません。これはもう5000歩譲っても良くないですね!

なぜかって?

やはり美容室にくるお客様にはいろいろな方がいらっしゃって、毎回同じ気分でもなくて、お話をしたい方もいれば、そうでなく静かに時を過ごしたい方もいらっしゃいます。サロンでの過ごし方は、お客様それぞれのスタイルがあり、ぼくはそれを汲み取り、お客様にとって気持ちの良い時間を、様々な手段を講じて提供しなくてはならない立場の人物なのです。

なので。

そういった機微を感じ取れる、まさに空気の読める人物でなくてはならないのであります。

 

 

空気を読むより大切なこと

、、、ん?

ちょっと待って。空気を読むことがそんなに重要でしょうか?ぼくの友人にも空気など1mmも読まず、魅力的かつ野生的な人物が何名か思い当たります。そもそも空気って読めるのかな?読む、、、。

、、、。

じゃあ過去のぼくは何故いらんことまで聞いてしまったのであろうか?お客様との会話が楽しかったからであろうか?もちろんそうです。接客は自分も楽しまなければと思っています。

、、、では、何故聞いてしまったのか、、、。

ぼくは気付きました。問題なのは「聞いてしまった」ことではなく、その聞いてしまったことが「いらんこと(余計なこと)」だったからではないかと!

つまり例えば「彼氏はいるんですか?」とか「この後どこ行くんですか?」的なチャラい質問。もうこれらなんかは問答無用にアウトですね。余計なこと。ぼくから聞くのはNGだと思います。(聞かれることはOKです。もちろん「彼氏」いません笑)

そんなことよりぼくが聞くべきことは、”髪の毛の悩み”や”自宅でお使いのヘアケア用品”系のことであると思います。ぼくは知りたいのです!お客様が髪の毛に対してどのような考えや好みがあるのかを!そして、その延長線上にある

 

ライフスタイルやワークスタイルを見据えた提案

 

を可能にしたいとも思っています。ぼくは知りたいです。お客様のことを。

なので、聞きます。そして、知ります。知って、それを解決します。

空気なんか読んでビクビクするくらいだったら、空気壊してでも知りたい貴重な言葉を聞きにいきます。ただ、、、たまに今でもキテレツでとんちんかんな質問が右脳から発生します。そしてそれが口から飛び出ててしまう寸前で「どのような思考回路をしていたらこんな発想が生まれるのだ?」的な疑問がぼくの左脳をいじめます。その結果最近、左のこめかみに白髪が増えました。

 

と!いうわけでいつか書きたいですね!「右脳と左脳と白髪とぼく」。テーマは”ストレスと白髪の関係”的な感じで!

本日もながながとお付き合いいただき、誠にありがとうございました。次回は「何考えているかわからない」をおおくりいたします。ふぅ。

 

 

※次回はこちらです→“美容師とは(意識と無意識編 ~前編~)”

 

 

 - 美容師について
美容師の” 美 “と、お客様の” 美 “。 vol.1

髪の毛を綺麗にしたい! これは美容師であればどんな方でも強く思っているだろうし、お客様は自分の髪の毛を綺麗にしたくて、美容室に来ます。 この ” 綺麗 “ という言葉。 果たして、 ” 髪の毛を綺麗にする …

美容師とは(意識と無意識編 ~後編~)

美容師として日々働いているぼくにとっては当たり前に感じていることが、皆様にとっては新鮮かつ衝撃的であることも存在するかと思います。どんなお仕事にももしかしたら、そんな領域が少なからずあるんでしょうね!はいっ!では!これ! 髪を切るひと 髪を …

ぼくがカルテをつける数え切れない理由

お客様に毎回満足して頂き、さらに自分自身をレベルアップさせ続ける方法として、数年前からカルテについて真剣に考えています。 それぞれのお客様にあった技術を最適化することが第一目的ではありますが、それ以外にも様々な効果が得られると自負しています …

南青山ヘアーサロン muguet ディレクター
今村 祥平(イマムラ ショウヘイ)

来店前後の"カウンセリング"、髪の毛や頭皮に対する"お悩み、疑問ご相談"が好評です!24時間/365日、お待ちしています!

↓下のボタンからお問い合わせできます。↓

 
contact
 

関連記事

美容師の” 美 “と、お客様の” 美 “。 vol.1

髪の毛を綺麗にしたい! これは美容師であればどんな方でも強く思っているだろうし、お客様は自分の髪の毛を綺麗にしたくて、美容室に来ます。 この ” 綺麗 “ という言葉。 果たして、 ” 髪の毛を綺麗にする …

【美容師についての疑問】国家資格と現実

よくお客様に「美容師は国家資格でよいですね!」とか「国家試験を受かれば髪の毛切れるようになるんですか?」というご質問を承ることがあるのですが、正直、国家試験を受け、国家資格を所得しただけでは、お客様の髪の毛を切ることはできません(物理的には …

【画像あり】美容師が髪の毛を切ってもらうようです

こんにちわ。muguet今村です。ご存知の方も、そうでない方も、こんばんわ。ぼくです。今日は綺麗な星空ですね!最近、何回もおんなじことを言うことがはずかしいと思うようになってきてしまいました。別にそんなにおんなじことばっかりいわなくてもいい …

美容師の仕事始めと、愛。

こんにちわ。南青山のいち美容師、今村祥平です。今年は暖冬すぎて楽チンですね。スノーボードが大好きなのですが、今年は雪山に行く予定もないのでぼくには関係ありません。 さて、本日1月6日よりmuguet営業スタートです。皆様、今年もバシバシ髪の …

ぼくが髪を切るときに考えていること

さ今回からは「カット」の領域の話をしてゆこうと思うのですが、ジャンル的にちょっと硬い感じになってしまうかもしれませんね。先にお詫びしておきます。 美容師という仕事について、かれこれもう12,3年が経ってしまったのですが、髪を切れるようになっ …